髙山製粉 |長野県諏訪市のそば粉専門店

蕎麦の保管方法

蕎麦は雑菌が多いので、打ち上がった蕎麦は、その日のうちに食するのが基本です。
すぐに食べない場合の保管方法をご案内します。

冷蔵庫保管
  • 蕎麦をそのままラップかパック毎ラップにくるみ、乾燥しないようにして冷蔵保管します。
  • 茹でる際には、常温に戻してから茹でたほうが、茹で時間が短くなり、蕎麦の変色を防ぐこと ができます。
冷凍庫保管
  • 長期に保管する場合は、一人前ずつラップにくるみ冷凍保管すると、半年位は劣化せずおいしく食べられます
  • 解凍する際は、一旦冷蔵庫に入れて解凍、ついで常温に戻してから茹でます。