髙山製粉 |長野県諏訪市のそば粉専門店

切り方で変わるそばの味

そばは時間の経過とともに味が変化していきます。また、切り方で味が変わるといわれているほど繊細な食べ物なのです。こちらではそばの切り方についてご紹介したいと思います。

【切りべら23本】

江戸時代からそば職人の間で約束事が決められており、伸ばしてたたんだ生地の一寸(3.03m)の幅を基本として、これを何本に切るかで1本あたりの切り幅を定めました。その本数をいうとき「切りべら~本」という言葉を用います。


よって、切りべら23本は一寸の距離を23本に切ることをいい、これが二八そば伝統の太さとなっています。また、切りべらとは生地の厚みより狭いという意味になるため麺の断面は真四角ではなく、切り幅のほうがやや狭い長方形になっています。

【延しべらについて】

切りべらとは反対に厚みより幅広く切る延しべらという切り方があります。太いそばはそば粉の美味しさを十分に楽しむことができ、そばの中にはこの延しべらで切るほうが美味しいというそばもあります。田舎そばなどにはこの形が多く見受けられます。


上記の切り方に、断面が綺麗な正方形になる「正角」を加えたものがそばの基本的な切り方の種類になります。そばの個性によって最適な太さがあり、太さの違いによって味わいがそれぞれ異なるため、いろいろ食べ比べて自分好みのそばの切り方を探してみるのも良いのではないでしょうか。



手打ち用そば粉を通販でお求めなら高品質で
種類豊富な「高山製粉」をご利用ください。

信州諏訪市、株式会社高山製粉の味濃い石臼挽き信州そば粉は、高品質が特徴で、これを原料にした生そばは、「信州そば品評会」で毎年上位に入賞しており、 日経プラス1、何でもランキングおすすめのお取り寄せそばで全国1位になったそば店は、弊社のそば粉をお使い頂いております。
一般向けには、初心者でも簡単に十割蕎麦が打てる細かな粉から上級者向きの繋げるのが難しい超粗挽き粉。真っ白な粉から黒めの粉など見た目、風味、食感、コシ、のど越しなどが違う特徴的な蕎麦になる 16 種類のそば粉を品揃え。


高山製粉 そば粉 航空写真
社名 株式会社 髙山製粉
住所 〒392-0015 長野県諏訪市大字中洲465-3
連絡先 TEL:0266-52-1245 FAX:0266-52-1282
HP https://takayamaseihun.co.jp/
E-mail suwamugi@takayamaseihun.co.jp